• 前田 英継

サイトURLの正規化とhttps


以前にもこのブログで触れましたが、Wixがhttpsに対応しました。

以前からあるホームページに関しては、手動でhttpsへの変更を行うことになりますが、新たに制作するホームページに関しては、最初からhttpsが有効になっていていますね。逆に無効にする場合には手動で設定することになります。

先日あるお客様からご相談をいただきました。

ご自身でホームページを制作されて、その修正などをお手伝いさせていただいているお客様です。

新たに公開したホームページについて、まずGoogleアナリティクスの設定を終えました。

続けて、Google Search Consoleにホームページを登録し、URLの正規化を設定しようとしたが、「サイトの所有権の確認ができていない」という内容のエラーが表示されて設定できないという内容のご相談でした。

ここでいうURLの正規化というのは、wwwありとなし、そのどちらを正規のURLとして扱うかという設定のことです。

例えば、example.comというドメインの場合だとGoogleはhttp://www.example.comとhttp://example.comを異なる二つのホームページとして判断します。

その結果、他のホームページをコピーしたいわゆる「重複コンテンツ」であるとの判断を受け検索順位の低下などのペナルティをGoogleから受けるおそれがあります。

それを避けるために、あらかじめGoogle Search Consoleでwwwありとなしのどちらを正規のURLとして扱うか設定しておく・・・というのがURLの正規化です。


ある程度慣れている方ですので、所有権の確認に関しては問題なく終わっているとのことでした。

ただ私自身もそのご相談をいただいた当日に他のお客様のホームページで同様の設定を終えたところでしたので、Google側の問題ではなく、何かしらの設定に関する間違いがあってのことだろうと思い、詳しくお客様に話を伺ってみました。

結果は・・・非常に単純なことなのですが、意外と今後発生することかもしれないなと思い今回の記事にしようと思ったのです。

まずGoogle Search Consoleでは最初に「プロパティの追加」という作業を行います。簡単にいうとURLの登録です。

そのお客様は、まずhttps://www.example.comというURLを登録し所有権の確認を完了した後にhttps://exaple.comというURLを登録して所有権の確認を完了しました。

そして、wwwありを正規のURLとするという設定をしようとして「所有権の確認ができていない」というエラーが出ていた訳です。

とても単純なことですね。https〜についてはwwwありとなしの両方のURLを登録したのですが、http〜に関してURLの登録を行っていなかったんです。

httpとhttpsは決して異なるプロトコルではありません。

httpというプロトコルでの通信を暗号化して行うのがhttpsです。例えて言えばhttpという土台があって初めてhttpsという応用技が使えるということになります。

したがって、http〜というURLが存在しなければhttps〜というURLも存在できないということになります。

初めてご自身でホームページを制作されてこれらの設定を行う場合、おそらく同じような状況に遭遇する方が結構いらっしゃるのではないかと思い、書きました。

何らかの参考になれば幸いです。

#Wix

お問い合わせはこちらから